大神の評価がストップ安のようで辛い

投稿日:

夜宵草さんがcomicoで展開している『ReLIFE』は、先読みを除けば167話の「不純な志望動機」が最新です。ようやく大神が自分の悩みを海崎にこぼし始めましたが、まだ全容はわかっていません。
そして、ここ数話では、大神が狩生のデートの提案等に対して「また今度」と放置プレーを続けたうえ、挙げ句の果てに「家庭の味が良いんだ」みたいなことを言った結果、狩生にマザコンかと激怒され、それに対して「俺、母親いないよ」と言って雨のなかを走り去ってしまい、コメント欄を見る限りは大神の評価がストップ安、狩生の評価がストップ高となっています。
「こんな彼氏私だったら別れる」と書き込んでいる女性陣とおぼしき読者の気持ちは、理解できなくはありませんが、私とはだいぶ感覚が違うと思いました。

大神はもとから鈍感で天然でチャラかったのか

大神の悩み事が話にでてくるまでは、大神といえば恋愛ごとにめっぽう鈍感なうえ、成績優秀でも見た目がチャラいというキャラクターでした。しかし、悩み事が明らかになってから、大神のこの性格は幼少の頃からではなく、そういう性格にならざるをえなかったのではないかと私は考えはじめました。
他の生徒どころか担任も大神の悩みに気づいていなかったとすれば、それは大神が他の人に悟られまいと、表面上は天然でにこにこしていただけです。バイトの先輩以外にはろくに相談もしていないでしょう。気づかれたくないなら、相談しないのは当然です。

なぜ彼女の狩生にすらそっけない態度をとるのか

おそらく、「こんな彼氏私だったら別れる」と書いた読者が大神にもっている不満の根源は、彼氏彼女の関係になったにもかかわらず、狩生にすら自分の悩み事を相談せず、その結果、誤解を招く態度――例えば、狩生とは食事する時間すらとらないのにバイトの先輩の女性にはファミレスで相談がてら食事をしている――をとっていることだと思います。
大神にも明確に非があるので、こういう感想がでることは理解できます。そして、大神がこういう態度をとる理由は2つあると私は考えます。

そもそも彼氏彼女の関係を理解していない

高校生で共学ともなれば男女とも恋愛のことはある程度わかるはずという考えは、読者による価値観の押しつけです。大神は恋愛関係には相当疎いので、「『告白』という儀式が終わったからいわゆる彼氏彼女の関係にはなった」ことは認識していても、ここから先、具体的にどう振る舞うべきかわかっていないのではないでしょうか。
異性の友達と異性の恋人が違うことは知識としてあっても、それを行動に結びつけられるとは限りません。ただ、これについてはどうすればいいかわからなかったら、それこそ誰かに聞けば理解する力ぐらい、大神はもっているでしょう。それに、恋愛関係の相談ぐらいなら誰かにする柔軟性も大神はもっているはずです。

事態を深刻にしているのは、もう1つの理由です。

悩み事を狩生に相談して何かが進展するのか

大神の家族構成で今のところわかっていることは、母がいないことと兄がひきこもりと思われることぐらいです。母がいないといっても、離婚なのか死別なのか、父はどういう性格なのか(アルコールとかギャンブルにはしっているのか)、詳細はまだわかっていません。ただし、内容が深刻であることは想像できます。
それだけ重い悩み事を抱えているなら、それこそ親密な関係である彼女に相談すればいいのにと思う人もいるでしょうが、少し待ってください。

「report162. 吐き出す勇気」で夜明は、親密な人にだからこそ話せないこともあると言っています。「こんな彼氏私だったら別れる」と書いた読者は、夜明の考え方をどう思っているのか興味があります。
それとは別に、この悩みの相談を狩生にして何か解決するでしょうか。気持ちを吐き出すだけでも楽になるというのは、その読者の価値観にすぎません。当事者の大神がそう思わない限り、大神が狩生に相談するはずがありません。また、兄がひきこもりだと仮定して、大神が狩生にそれを伝えたら兄がすぐ回復するわけでもありません。
愚痴をこぼすだけで少しは気が楽になるという価値観がない状態で、自分の抱えている悩み事をできれば知られたくないし、知られなくても学校生活に支障がないなら、狩生であろうと誰であろうと悩みを話すわけがありません。現に、今まで話さずにやりすごしていたわけですから。

狩生は大人の対応ができている理由

大神ともめた後に狩生が自分自身の発言を悔いているシーンがありました。このシーンは狩生の評価を上げていますが、この学年に限れば、狩生の方が大神より精神的に成長しているのは当然です。
狩生はこの学年で人間関係において2つの壁を越えました。日代の鞄を奪おうとした事件とバレーボール部で才能のあるほのかに嫉妬してしまった事件、いずれも周囲の力を借りて亀裂を修復して解決しました。一方の大神はまだそれがありません。だから、狩生は成長したのに大神は何やっているんだという感想につながるのでしょう。

くだらない男のプライドと一笑に付すのは酷

大神が抱えている悩みや置かれている環境は、高校生にしては酷です。もし、大神の兄が、弟には苦労をさせまいと頑張るばかり燃え尽きてしまったならば、兄にそうさせてしまった罪悪感から、自分は極力人に頼らないという態度をとっているのかもしれません。
逆に、兄のことを嫌に思っているところもあるかもしれません。内部進学をしたくない理由に兄が関係している可能性があるからです。しかし、兄に対する嫌な感情を少しでも口にすれば、兄の頑張りを知っている人から「(燃え尽きるまで)あれだけ頑張っていたお兄さんのことを悪く言うなんて」と思われてしまうかもしれません。
あるいは、ひきこもりを家の恥だと思う人がリアルでもけっこういるため、現在の兄の状態を知らない人から「お兄さんは今何をしているの?」と問いかけられることじたいが苦痛になるかもしれません。

いずれにしても兄に対する感情は複雑になっていそうで、人に話すにしてもそれを言語化するのは難しいと思います。そんななか、ただでさえ苦手分野である恋愛という土俵で、狩生に対してどう接すればいいかよけいに混乱していることでしょう。
他のことはさんざん隠しておいて、母がいないことだけはしっかり言うのかよというコメントもありましたが、さすがにマザコンと言われてしまえば大神もスルーはできず、自分には母がいないと言い返すぐらいのことはするでしょう。個人的には、それをよくキレずに笑顔のままで言えたと思います。

ReLIFEに限らず、問題解決のためにとる行動は人によって違います。価値観の違いから相手の行動を理解できないこともあるでしょう。それこそ面倒くさい男のプライドと思っている人もいるかもしれません。
しかし、いい歳をした大人ならまだしも、大神は高校生です。しかも、置かれた環境が高校生にしては酷であることを考えれば、「こんな彼氏いらんわ!!」の一言で片付けられストップ安のように評価が落ちていくところを見るのは辛いです。