マークアップ言語

ウェブページの構造を記述するためのHTML,装飾を行うためのCSSHTMLXMLを用いて再定義したXHTMLがあります.これらの詳細は「ウェブ制作」のページを参照して下さい.

ここでは,XMLについて説明します.XML文書の論理的構造を定義するために開発されたスキーマ言語をXMLスキーマと言います.

HTMLと違い,タグの定義は自由に行えます.データそのものとデータに関する情報を定義したタグを使うことで,データの意味と構造が分かりやすくなります.XMLへのスタイルシートとして,XSLがあります.

DOMW3Cで勧告されている仕様の1つで、ソフトウェアがXML文書を読み込んだり,表式を変更して表示させるという,XMLパーサが提供するアクセスの手段です.しかし,XMLデータの容量が大きい場合,消費メモリも大きくなります.

そこで,いっぺんにデータを読み込まず,要素が出現するごとに処理を実行するSAXがあります.ただし,複雑な構造をもつXMLへのプログラミングはDOMに比べて難しくなります.

XML文書にエンベロープ(付帯情報がついたメッセージ)を,HTTP等のプロトコルで交換する通信するプロトコルをSOAPと言います.クライアントとサーバの両方がSOAPの生成・解釈エンジンをもつことで,異なる環境間でのオブジェクトの呼びだしができます.

XMLによって記述されたベクターグラフィック言語としてSVGがあります.

その他の言語

SDL

コンピュータを使ったシステム,特にソフトウェアを設計・構築するときに,その仕様を記述するために使われる言語で,コンピュータ言語の1つです.

プログラミング言語はシステムそのものに変換されますが,仕様記述言語は一般にシステムに変換されることがなく,仕様の妥当性の検証に重きを置きます.プログラミング言語記述の前段階として記述することが期待されています.

ADL

ソフトウェアアーキテクチャやシステムアーキテクチャを記述するためのコンピュータ言語です.ソフトウェア開発者がアーキテクチャについてやり取りする場合や,開発者と発注元との認識合わせに使います.